スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ なかなかお返事できなかったりなので、しばらくコメント閉じてます。お話したい方はお気軽に右メールフォームから送信してね ★

血尿

かのたん、水ぼうそう診断から3日目。
まだまだ外出禁止なので、みさは1歩も家から出れず
買物もできずにいた土曜の朝。

なにげなくおしっこをしたさくらんぼさん。
トイレシートを替えようとすると

「あれ?」
最後の部分がなんか赤い・・・

はじめはかのたんがぶどうジュースをこぼしたのかとも疑ったけど
さくらんぼを確認すると、やっぱり陰部に血尿がついていました。
その後にした尿も、やっぱり最後は血交じり。

食欲・元気ともにバッチリだけど
やっぱり血尿は見逃してはいけない症状。

でも、そんな時に限ってわが家は・・
パパは今週休みなしのお仕事。
娘は外出禁止。

どうしようって軽くパニックになったけど
偶然お休みだった実家の母に来てもらい、なんとかさくらんぼを病院に連れていくことができました。


今日は身軽にちゃっちゃか済ませたかったので
わが家では珍しい、さくらんぼのみの外出。(ぼんぼんお留守番)

IMG_5461.jpg

するとビックリ!
あのさく姐さんが、どんなワンコにもガウガウしない!
「ほんと大人しいわんちゃんですね」なんて、待合室で声をかけられちゃうほど!
ありえなーい!!(笑)

で、診断結果は。

おそらくは細菌性の膀胱炎。

今回は採尿ができなかったので、詳しい検査はしていませんが
先生の触診では、結石なんかの可能性は低そうとのこと。
抗生剤と止血剤をもらって、来週採尿検査をして頂くことに。

そこでビックリ事実。
さくらんぼの陰部は、生まれつき陥没型なんだって!
他の子より奥に引っ込んでて、蓋が閉まってるような形態らしい。
だから、残尿があったりで雑菌が繁殖しやすいみたい。
こういう子で、度々細菌感染してしまう場合は、手術で整形することもあるんだって!
(さくらんぼはまだ大丈夫そうだけど。)

他の女子のおまたをそんなじっくり見たことがなかったから
うちの子が普通と違うなんて、考えたこともなかったー(汗)


とりあえず先生のお話を聞けて、少しほっとして帰宅。

2012_0825_154532-DSC_0004.jpg

留守番中のぼんぼんは、
「見ててかわいそうな位、泣きそうな顔してたよ」と母からの報告。

2012_0825_154607-DSC_0007.jpg

病院で大人しかったさくらんぼといい、
あなたたちはやっぱり、2人で1つなのね(笑)


そして、無理言って来てもらったみさ母、ほんとに助かりました。いつもありがとう

★ なかなかお返事できなかったりなので、しばらくコメント閉じてます。お話したい方はお気軽に右メールフォームから送信してね ★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。